キャッシングの賢い利用方法

キャッシングの賢い利用方法

計画的にお金を使っていても、冠婚葬祭などの急な出費が重なってしまったりした時など、

 

どうにもならない状況に陥ってしまうことってあるのではないでしょうか。

 

 

 

近頃はボーナスや給料が減って行く一方なので、貯金にもなかなかはげめなくなって

 

しまった我が家は、首の回らない緊迫した状況に迫られる事が無きにしも非ずです。

 

 

 

定期預金を解約しなければいけない状況に追い込まれることもありますが、

 

満期まで預けるともらえたであろう利息が減ってしまうのもなんだかもったいない気もする

 

し、どうしようかという時に、おススメなのがキャッシングです。

 

 

 

なぜお勧めなのかというと、最近のキャッシングでは無利息期間を設けているところがあるか

 

らです。

 

 

 

次回の給料で返せるだろうという確かな見込みがあるのであれば、一時借りておけば

 

定期預金の解約をせずに済みます。

 

 

 

また、近頃はキャッシングの審査も早いところもあるので、その日のうちにお金を

 

借りられる所も多いようです。

 

 

 

キャッシングサービスを行ている所が増えているので、色々なところで比較検討する

 

ことが賢い利用方法だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

キャッシングとは、現金を借りることを言います。

 

 

 

銀行や信販会社、または消費者金融などから借りることができます。

カードローンも賢く使えばお得

 

計画性なくむやみに使用することは決してお勧めできませんが、

 

カードローンも、賢く利用すれば、かなりお得になります。

 

自分の仕事の為の投資や、

 

どうしてもお金が必要な「いざ」という時に助かるカードローンですが、

 

他にもこんな便利な使用方法があります。

 

例えば、急な飲み会に誘われたけど手持ちがない時、

 

銀行の口座からお金を下ろすのにも、時間によっては時間外手数料がかかってしまいます。

 

そんな時は、カードローンでお金を借りるのがお勧めです。

 

翌日の銀行の営業時間内に借りた分を引き出して、カードローン返済をすれば、

 

手数料も利息もつかず、ポイントがたまります。

 

支払いで銀行の引き落としの日に、口座に残金がない場合なども、

 

金融会社によっては、指定口座に借り入れた分を振込みをしてくれる、

 

便利なサービスを行っているところもあります。

 

カードローン会社はたくさんありますが、

 

自分に合ったサービスや、利息など、

 

入会する前に比較して選ぶ事をお勧めします。

 

お得なキャンペーンなどを行っている時に入会するのもお勧めです。

 

複数のカードローン会社と契約して、いくつかのところから借り入れすると、

 

損をしてしまう場合もありますので、

 

なるべく一箇所にしぼって利用しましょう。

 

キャッシングやカードローン情報はコチラ

返済額の表をいつも見て、キャッシングで借りすぎないように自制しよう

 

キャッシングの上手い使い方として、「毎月の返済額を計算しながら借りる」ということがあります。

 

クレジットカードにキャッシング機能がある、業界大手の「セゾンカード」では、例えば10万円借りたら、大体今は「標準コース」が多いですから、月々1万円ずつの返済金額になります。

 

月1万円ならなんとか返済できそうですよね。

 

各会社とも、「これ以上の借入金額になった場合は、これぐらいの返済金額になります」というのを、ホームページで公開していますから、それを常にチェックするなり、印刷して前の前に貼っておくなりすると、無駄な借入をすることもありません。

 

先程のセゾンカードの例で言うと、30万〜40万円までキャッシングで借りても、月々2万円の返済で済むのです。

 

とはいえ、いくら低額で返済できるからといって、借りすぎには注意です。明日の自分がどうなっているかもわからない現代。

 

仕事がいつまであるとも限らないので、自分の現在の支払い能力をきちんと見極めたうえで、返済できる限界の金額を設定しておきましょう。

 

それには先程も書いたように、キャッシングの利率と返済金額が書かれたページを印刷するなり保存するなりして、自分に自制心を持たせることが大切です。

キャッシングは賢く使おう

クレジットカードでのキャッシング、よく利用しています。

 

給料日直前に飲みの誘いがあれば、薄い財布では不安なのでついついコンビニでキャッシングします。

 

給料が入ったなら、キャッシングの支払い分をとっておき、支払日に困らないようにしておきます。

 

というのは理想なんですが、実際のところは、クレジットカードの請求書を見てキャッシングしたことを思い出すまですっかり忘れてしまっています。

 

私の利用しているクレジットカードのキャッシングは一旦してしまうとクレジットカードの支払日まで返済できないので、1ヶ月分の金利を加えて返済しなくてはなりません。

 

実質金利はだいたい年18%ぐらいなので、1ヶ月だとその12分の1つまり、18÷12=1.5%、3万円キャッシングすると450円の金利を支払うことになります。

 

450円ならなんということはないですね。

 

ただし、仮に30万円キャッシングしたとしましょう。金利は1ヶ月で4500円です。

 

それを毎月返済後またキャッシングというふうに繰り返していくと、毎月4500円×12ヶ月、1年で54,000円も金利で支払うことになります。

 

手軽に現金を手にすることができるキャッシングは便利ですが、習慣的に使うと金利が膨大になることを心して、あくまでも短期間、一時的に利用するようにしましょう。

ピンチの時はキャッシングを利用しよう

 

突然の出費というのは誰にでも起こり得るものです。対処出来るだけの貯蓄があれば問題はありませんが、この景気です。多くの人が困ってしまうと思います。

 

誰かに借りるという方法もありますが、お金に関しては言い出しにくいものです。お金の問題は、自力で何とかするのがベストです。

 

そんな時の強い味方になってくれるのがキャッシングです。もしかしたら、金利の高さを心配している人もいるかも知れませんね。しかし、時代は変わっています。今やキャッシングの金利は10%台にまで下がっているのです。

 

これは低金利といって良いレベルのものです。

 

毎月の返済額もさほど大きな金額にはなりませんので、家計がピンチの時はキャッシングを利用して乗り切る事をお勧めします。

 

もちろん、無計画に利用するのはいけません。自分の収入と毎月の出費をしっかりと確認してから、無理のない返済額の範囲で利用するのが基本になります。

 

計画的に利用するとキャッシングは非常に心強いものです。もしまだ利用したことが無いという方は、緊急時の対策としてその内容や使い方を調べてみると良いと思います。

 

今、お金に困っている方はすぐに申し込むべきです。今は大変でも、この先へのステップアップとしてキャッシングを利用すると良いでしょう。